Monday, 12 September 2016

Photos of Sumako Matsui, the Most Famous Japanese Actress of Modern Western Plays in 1910’s


Photos of Sumako Matsui, the Most Famous Japanese Actress of Modern Western Plays in 1910’s


          松井須磨子 (November 1, 1886 January 5, 1919)

Sumako Matsui was not only loved most by the majority of the Japanese people but also hated or despised most by some of the Japanese ruling class or the social or political establishment.

In 1909, Sumako began her study of the theory and practice of Western plays at Bungei Kyokai (the Peripatetic Literary Association), where she also began her actress career as a role of Nora in Ibsen’s Doll’s House performed in 1911. After the performance a tremendous social and political debate arose for and against the ‘new’ way of life-style of women.
Sumako soon left the association in 1913 due to the romance with Hogetsu Shimamura, who was a professor of Waseda University. Sumako then entered into the Geijutsu-za (the Theatre Group of Arts), organized by Hogetsu. The group produced the performance of a Russian play, based on the original novel of Leo Tolstoy and dramatized by Henry Bataille. Hogetsu translated and adapted the work for the Japanese audience and Sumako acted the role of Kachusha in the performance. The traveling performances of Resurrection all over Japan made her highly popular especially because of the singing of Kachusha's Song in the play. And Sumako acted several leading roles such as Ophelia,  Salome, Lady Macbeth and Anna Karenina on the stage of Western and Japanese plays in a variety of cities and towns all over Japan. The following is the list of these plays.
Their last was a tragedy. Hogetsu died of the Spanish flu on November 5, 1918, which induced depressed Sumako to commit suicide by hanging in two months after his death.

愛川今生『「私はただ、私として生きていきたいと思うのです。」松井須磨子が演じた劇』松井須磨子の演じた劇




Month    Year

 

明治19(1886)

小林正子、長野県長野市に誕生

明治35(1902)

養父と実父を失う

 

明治35(1902)

私立戸板裁縫女学校通学
 
 

明治42(1909)

坪内逍遥の文芸協会演劇研究所の第一期研究生として入所


 
 

 

            明治44年(1911年)

5

『ハムレット』(Hamlet by W. Shakespeare、坪内逍遥訳)オフィリア役。第1回公演、帝国劇場。





  

9



『人形の家』(A Doll’s House by Henrik Ibsen、島村抱月訳)ノラ役。

『鉢かつぎ姫』(坪内逍遥作)宰相役。文芸協会私演。

 

11-12

『人形の家』(A Doll’s House by Henrik Ibsen、再演)第2回公演、帝国劇場。

 

 

 

 

 

           明治45年(1912年)

5

『故郷』(Heimat by Hermann Sudermannズーダーマン作、島村抱月訳)マグダ役。第3回公演、有楽座。

 

6

『運命の人』(The Man of Destiny by Bernard Shaw、楠山正雄訳)旅の貴婦人役。文芸協会私演。



6

『故郷』再演。大阪帝国座。

11

『二十世紀』(You Never Can Tell by Bernard Shaw、楠山正雄訳)グラントン夫人役。第4回公演、有楽座。

 

 

           大正2年(1913年)

2

『思ひ出』(Alt-Heidelberg by Wilhelm Meyer-Förster、松居松葉訳)ケティ役。第5回公演、有楽座。

 

 

 

           大正2年(1913年)

9

『モンナ・ヴァンナ』(Monna Vanna by Maurice Maeterlinck、島村抱月訳)モンナ・ヴァンナ役。

 

 

 

 

 
 
『内部』(Intérieur by Maurice Maeterlinck、秋田雨雀訳)母親役。第1回公演、有楽座。

 

12

『サロメ』(Salome by Oscar Wilde、中村吉蔵訳)サロメ役。帝国劇場。

 

 


 
 

 

大正3年(1914年)

1

『海の夫人』(Fruen fra havet by Henrik Ibsen、島村抱月訳)エリーダ役。
 



 

『熊』(The Bear by Anton Chekhov、楠山正雄訳)ヘレエネ役。第2回公演、有楽座。


 

3

『復活』(Resurrection by Leo Tolstoy、アンリ・バタイユ脚色、島村抱月訳)カチューシャ役。



 

 

 

 

 


『嘲笑』(中村吉蔵作)お千代役。第3回公演、帝国劇場。

 

 
 

7


『復讐』(島村抱月作)女・役。第1回研究劇、福沢桃介邸内試演場。

 
 

8

『マグダ(故郷)』(Heimat by Hermann Sudermannズーダーマン作、島村抱月訳、再演)マグダ役。

 












『ヂオゲネスの誘惑』(??Die Verwandlung des Diogenes by Wilhelm Schmidtbonn、森鴎外訳)イノ役。夏期臨時公演、歌舞伎座。

 
 

10

『剃刀』(中村吉蔵作)お鹿役。


 
 
  『クレオパトラ』(Antony and Cleopatra by W. Shakespeare、島村抱月脚色)クレオパトラ役。第4回公演、帝国劇場。



 





 

12

『人形の家』(A Doll's House by Henrik Ibsen、再演)

 
『剃刀』(再演)

『結婚申込』(The Proposal by Anton Chekhov、仲木貞一訳)娘・役。特別公演、本郷座。

 

           大正4年(1915年)

4

『飯』(中村吉蔵作)お市役。

 
『その前夜』(On the Eve by Ivan Turgenev、楠山正雄脚色)エレエナ役

 
 












『サロメ』(Salome) 再演。第5回公演、 帝国劇場。
 
 

5

この月より第1回長期巡演(大阪、京都、神戸、名古屋、北陸、信州、東北、北海道、台湾、朝鮮、ハルピン、ウラジオストク)。


 

 

           大正5年(1916年)

1

『真人間』(中村吉蔵作)お品役。

『清盛と仏御前』(島村抱月作)仏御前役。大阪浪花座。

 

3

『お葉』お葉役。


 
『清盛と仏御前』再演。第6回公演、帝国劇場。

4

『復活』(再演)

『嘲笑』(再演)第1回新劇普及興行、浅草常磐座。

4-5

『復活』『サロメ』再演。特別公演、明治座。

5

『エジポス王』(Oedipus the King by Sophocles、中村吉蔵訳)王妃ヨカスタ役。寄付興行、牛込河田町小笠原伯爵庭園。

75~9

『闇の力』(The Power of Darkness by Lev Tolstoyトルストイ作、林久男訳)アニッシャ役。

 
 

『扉を開け放して』(The Open Door by Alfred Sutro、島田青峰訳)第2回研究劇、牛込横寺町芸術倶楽部。

7

 

8

『マクベス』(Macbeth by W. Shakespeare、坪内逍遥訳)マクベス夫人役。特別公演、両国国技館。

 

9

『アンナ・カレニナ』(Anna Karenina by Lev Tolstoy、松居松葉脚色)アンナ・カレニナ役。第7回公演、帝国劇場。



 

10

『飯』『サロメ』再演。第2回新劇普及興行、常磐座。

 

           大正6年(1917年)

1

『思い出』(Alt-Heidelberg by Wilhelm Meyer-Förster、松居松葉訳、再演)ケティ役。

 

『剃刀』(再演)

『爆発』(中村吉蔵作)近子役。

『お葉』再演。二の替り。

3

『ポーラ』(The Second Mrs. Tanqueray by Sir Arthur Wing Pinero、島村抱月訳)ポーラ役。

 
『お艶と新助』(谷崎潤一郎原作、島村抱月脚色)お艶役。第8回公演、新富座。




 

4

このころ、第2回長期巡演(信州、甲府、名古屋、伊勢、奈良、満州、朝鮮、山陽、山陰、四国)。

10-11

『お艶と新助』(谷崎潤一郎原作、島村抱月脚色)お艶役。

『生ける屍』(再演)マーシャ役。

 


『帽子ピン』(中村吉蔵作)お竹役。第9回公演、明治座。

 

           大正7年(1918年)

1

このころ、第3回長期巡演(京都、中国、四国、九州)。

9

『沈鐘』(Die Versunkene Glocke / The Sunken Bell by Gerhart Hauptmann、楠山正雄訳)森の精ラウテンデライン役。

 
 
 


 
『神主の娘』(The Last of the De Mullins by St. J. E. C. Hankin)の松居松葉翻案)朝江役。第10回合同公演、歌舞伎座。

 
 

10

『死と其前後』(有島武郎作)妻・役。第3回研究劇、牛込芸術倶楽部。



 

11

『緑の朝』(Dream of a Spring Morning by Gabriele D'Annunzio、小山内薫訳)狂女イサベルラ役。第11回合同公演、明治座。
 
 

大正7(1918)

114日 抱月、スペイン風邪をこじらせ急死

 

 

大正8年(1919年)

1

『肉店』(中村吉蔵作)お吉役。

『カルメン』(Carmen by Prosper Mérimée、川村花菱脚色)カルメン役。第12回公演、有楽座。


 

大正8(1919)

15日 須磨子、抱月のあとを追う
 

 

No comments:

Post a Comment